2005年12月03日

八幡野 アジ根 砂地コース #28 #29

HOMEダイビング

早いもので12月。気が付けば来年の足音が、ヒタヒタと迫ってきている今日この頃。
忘れていた忘れかけていたドライの感覚を取り戻す為、
潜り納め、忘年会も兼ねて、やってきました、八幡野へ。

八幡野DS

今回はビ−チから2本です。
いやぁ、水温が20℃ですって!この季節水温じゃないって言ってましたよ。
透明度も軽く10m以上ありました。
なかなか良いコンディションといえるんじゃないでしょうか。

さて、海の中ですが、上に目を向けると表層に
キビナゴ群れ
【キビナゴ】Spratelloides gracilis
[ ニシン目ニシン科 ]

キビナゴの群れが気持良さげに泳いでまして、
下に目を向けると底の砂地には、

ヒラメ
【ヒラメ】Paralichthys olivaceus
[ カレイ目 ヒラメ科 ]

よーーーーーく見ると目玉が二つ・・・・・って、この画像じゃわかりませんな(笑)
ヒラメです。はじめは、生で観ていてもどこにいるのかわかりませんでした。
でも、砂から出ると結構な大きさで、よだれが出そうになりました泳ぐ姿はとても優雅でした。

あとは、

イザリウオイザリウオ2
【イザリウオ】Antennarius striatus
[ アンコウ目 イザリウオ科 ]

イザリウオです。かわいいですね。なんとも愛嬌のある憎めない顔。
昔の人ぁですね。こいつらを蛙の仲間として両生類に分類してたんですって、
変態して成長すると考えてらしくて、
ウミウシが変体前のイザリウオであると考えていたそうですよ。(受売りですが、何か?)

画像はないのですが、ボラ、イナダ、クマノミ、
ヤマドリ、ミツボシクロスズメダイを発見することが出来ました。

おまけとして、
ドライが首から水没しちゃいました。おかげで、ちと寒い思いをしてしまいした。
やっぱしレンタルじゃ限界があるよなぁ。ってヒシヒシと感じました。
ああ、MYドライについて考えんといかんなぁ。
posted by t-kure at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。