2008年11月26日

何かを得るには、代価が必要??

HOME日記

目玉はミスチルでしたね。(個人的にはPerfumeなんですけどね)
北京で歌うんでしょうか?つま恋はないか。
あと、クラウザーさんや矢島美容室の出番は無いんでしょうか?

先週末のお話。
地元では産業祭が催されまして、
農産物等が、安いお値段で売られていたりしたんです。
恒例の餅投げなんかもあったりして、
それなりに人が集まるイベントだったりするんですよ。

で、ですね。その産業祭に自然薯が出ていたんです。
とろろ汁にすると最高なんですよね。特にこの寒い雪季節には。
でも、少人数じゃ無理ですよね。
美味しく食べようと思えばそれなりに人が必要なわけで・・・。
今回は諦めムードだったんです。

でも、ちょうど祖父の命日でして、夕方には浜松へ行って
晩飯は向こうで頂くことになっていたんです。
浜松の親戚の家には、それなりの人はいる!って思った瞬間
不埒な計画が自分の頭の中でひらめきましたひらめき

擂鉢(すりばち)と、擂粉木(すりこぎ)をもって、
自然薯さえ調達できれば・・・。

なんと姑息な手口なんでしょうか。
ただ自分が食べたいが為にうまーーくそう言う方向に
持っていこうっていう考えです。

でも、向こうの都合がありますんで、
自然薯を前にして携帯電話で最終確認です。

「もしもし、今自然薯を前にしてね。美味しそうなんだよね。
 食べたいんだけど、今夜食べようって言ったら食べる?」
「いやぁ食べたいねぇ。でも道具がないよぉ。」
「うん、大丈夫!車に積んであるから。鯖だけ調達しておいて。じゃあね。」


とろろ汁の作り方はとてもシンプルです。
自然薯をすり鉢の中で摩り下ろし、混ぜる。
馴染んだら、日本酒を加えて再び混ぜる。
また馴染んだら、卵を加えてまたまた混ぜる。
卵も馴染んだら、濃いめの味噌汁(鯖出汁が家のやり方)で伸ばして完成。

exclamation簡単でしょexclamation×2
実際作るとなると大変なんです。
粘りの強い自然薯相手に擂粉木を延々回し続けるのは、パワーとスタミナが必要です。
下手に作ると、混ざらないイモが出てきて美味しくなくなります。
気が抜けるところが少ないんです。

男手が2〜3人あれば楽に出来るんですが、
今回は・・・・・気が付けば男手は自分一人がく〜(落胆した顔)
胃袋は5、6個揃っているのにですよぉわーい(嬉しい顔)
どうみても、不埒な考えのしっぺ返しでした。
働かざる者喰うべからずですって訳ですね。
だから頑張りましたさ。次の日二の腕に張りが出るくらいにあせあせ(飛び散る汗)

おかげで、美味しいとろろ汁が出来ました。

少量のご飯に、のりと刻んだ分葱をたっぷりのせて、
その上にとろろ汁をたっぷりかけて食べるとですね。
幸せな気分になれますよぉわーい(嬉しい顔)

今年の寒い冬にとろろ汁。如何でしょう?
posted by t-kure at 05:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/117764394
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。