2009年02月16日

邂逅 ドキドキ初ポルノ

HOME日記

唐突ですが、因島に行ったことありますか??

自分は仕事で因島に2回ほど行ったことがあります。
99年と01年。共に12月。

99年に行った時は尾道から5日間通いまして、
その時仕事先の方に言われたのは、

「ここ(因島)はバブルの最中に日本中で唯一土地の値段が下がった所なんだよ。」

って言われた思い出があります。
01年に行った時は、島内の国民宿舎に泊まり4日ほど滞在しました。
店という店にポルノグラフィティのサインが貼ってあったのを覚えています。
ポルノグラフィティが因島出身だということで認識しました。
自分とポルノとの接点の最初はそんな感じだったんです。

で、・・・・

土曜日は、そのポルノグラフィティのライブに行ってきました。
ポルノのファン層は圧倒的に女性が・・・。びっくりしました。
場所は、エコパアリーナ。席はアリーナ席。
ちょっとアクトが小さかった。でも映像は凝ってましたね。開演前から。
見やすかったですし、カメラワークも良かったです。
サウンドは、何層にも重ねた分厚い音を容赦なく浴びせられました。
例えるならキレイにデコレートされたミルクレープ食べたみたいな感じexclamation
(↑なんて言う例え、すませんあせあせ(飛び散る汗)
要は心地良かったんです。

そんなサウンドで代表曲を惜しみなく出してきました。
まさにダイヤクラブロイヤルストレートフラッシュハートスペード
これでもかexclamation×2って言うくらい知っている曲でした。
期待した曲は、ほぼ聴けました。

完パケに近い好演を3時間堪能させて頂きました。
アンコールとの間に1回座ったくらいでずっと立ちっぱ。
こんなハードなライブは初めてです。
振りもハードだったし、ついていくのがやっとでした。
ロッケンロールのライブはこれが普通なんでしょうか?


でも、やっぱ生はいいですね手(チョキ)
元気になれますから。
何回も「いっちゃって」ましたね。

でも、後悔したことがあって
一つは、やったつもりの予習が不足してたこと。
もう一つは、タオルを買わなかった事もうやだ〜(悲しい顔)
最後は、「アゲハ蝶」のリズムが叩けなかったこともうやだ〜(悲しい顔)

まぁ、その辺りは次のライブの時のお楽しみっていうことで手(パー)

ええ、次のチャンスがあれば参戦するつもりですよ手(チョキ)
だって「真剣なお付き合いをさせて下さい」って言われましたからわーい(嬉しい顔)
それに1日おいて書いた日記がこれだけ長くてまとまらないんだもん。
いかに中身が濃かったかってこと、わかってもえますか??
posted by t-kure at 04:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/117770212
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。