2006年02月17日

サイレン

HOME映画

「トリック」や「ケイゾク」の堤監督が撮ったこの映画。
らしさは、出ていましたね。
でも納得できない部分もありましたね。ちょっと消化不良です。
怖そうって雰囲気は画面全体から出ていたのですが、
実際はそんな怖くはないし、むしろ古典的な驚かし方で
「はぁ〜」って感じでした。
話のテンポもバラバラで、もう少し考える余地があった気がします。

もう少し頑張って欲しかった。

佳作です。
posted by t-kure at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/13721144
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。