2006年05月04日

三宅島 ドルフィンスイム(イルカウオッチング 

HOMEダイビング

阿古の港を離れること約40分、船は御蔵島付近に到着します。
すると、早速イルカが迎えてくれました。
一気にテンションはMAXまで跳ね上がります。
船の舳先で一緒に泳ぐイルカ。もう、抑えられません。
ガイドさんの合図を、今や遅しと待ちます。

もう、イルカは直ぐそこです!!

イルカ1
【バンドウイルカ】Tursiops truncatus
[ 哺乳綱クジラ目ハクジラ亜目 ]

どうです!こんな近くにイルカはやってきてくれます。
しかもかわいい泣き声と共に。(動画は一番最後に)

イルカ2イルカ3
イルカたちは、こちらの小さいアクションにきっちり応えてくれたんです。
それだけでも感動です。かわいいんです、仕草も!

イルカ4イルカ5

もう興奮状態で潜ったため、息が続きません。
もっと冷静にならないとって思ったときには、遅すぎました。

意図しない餌付けが始まってしまいました。
気が付けば、同行した仲間のうち2人も私と同じ状態になってました(爆)
酔い止めは、しっかり飲んだのですが、7時間に及ぶ船旅と、睡眠不足、
普段摂らない朝食、イルカに出会った興奮でブレーキをかけないで泳いだ為
体が一気にストップをかけてしまいました。
後半戦の大きな群れのときには、船上から眺めるだけとなってしまいました。
(チャレンジしたのですが、足がつり、水面で撒き散らしたので限界を悟りました。)

言葉にならない感動が私を襲いました。イルカ最高!
また来たいと思ったのは言うまでもありません。

最後に、画像、動画を提供してくれた友人とイルカに感謝です。「ありがとう!」






posted by t-kure at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/17517128

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。