2006年10月07日

一人旅 松本へ

HOME

「この3連休をだらだら過ごすのは、性に合わない。」
と、決込んだ理由は、三十路が直ぐそこまで来ているから(爆)
自分の「これから」と「これまで」を見つめ、考え、空っぽにするために、
気が付けばバックにお気に入りの音楽とプレーヤー、
読みかけの本を数冊詰め込む。
片手には、鉄道記念の乗り放題きっぷ。一人旅ってやつです。

初日の宿は松本に設定。
「明るいうちに松本城が見れればいいかな?」くらいで、特に何の縛りも無い
自由気ままな旅。

静岡を抜け、富士へ。富士からは身延線で甲府へと抜けます。
甲府直接抜ける電車はあまり多くありません。何回か乗り換えました。
西富士宮駅で待ち合わせ。次までは、えっと・・・1時間??
待つのも退屈なので途中下車をして、ふらりと散歩をすることにしました。
商店街を歩いていると、

富士山本宮浅間大社の案内があるではないですか!向わない手はありません。
富士宮浅間神社
ここで今回の旅の安全と自分自身の幸せを祈りました(笑)

境内付近には結婚式を挙げたばかりと思われるカップルがいました。
ちょっとネットを俳諧していたらそれらしき方と思われるブログを発見!!
通りすがりの者でしたがやはりハッピーな気分になりますね。
早く自分も幸せを!!

富士山
この日の富士宮は富士山もはっきり見えてとてもよい日でした。

駅前のコンビにで飲み物を補給。「このまま一気に甲府へ!」
って思ったのですが、またまた乗換えが・・・。
ホントのところネットで乗り換えを検索したらこんな乗り換える予定は無かったのですが、
地元の駅を出る電車を1本遅くしたらこんなことになってしまいました(笑)

身延駅1身延駅2
身延駅で乗り換えです。時間が無かったのでホームで時間を潰すことにしました。
ふと、冷静に周りを見てみれば、同じようなきっぷを使って
旅をしているような方の気配に気がつきます。
その雰囲気は、「鉄道マニアな人(鉄ちゃん)!!」って方がかなり多い!!
「自分も片足突っ込んじゃったかな?」って感じました(笑)

移動する車内では、大好きな音楽を聞きながら車窓の風景を眺めるか、
詰め込んできた本を読むことをひたすら繰り返しました。
なんだかとても贅沢な時間に感じました。自分の為だけの時間、
ホントに初めて得た時間かも知れません。至福の時間でした。

甲府に着くと、気温がかなり下がっていることに気が付きます。
すこし肌寒かったです。ここが最後の乗り換え地点です。
この時点で、15時半過ぎ。当初、やれればいいなぁって思っていた
「明るいうちに松本へ」は厳しいなってこの時点でわかりました。
でも、のんびり一人旅なのでそのあたりは全く気にしておりません。

諏訪湖や八ヶ岳はきれいに見れましたが、だんだん日が暮れてきています。
あたりが暗くなるとどこが何処だかわからなくなります(笑)

松本に着くとあたりはすっかり暗くなっておりました。
で、向った先は松本城。
松本城1松本城3松本城2

ここに来たのはいつ以来だろう?記憶をさかのぼってみると、
高校時代の修学旅行で来たのは覚えているし、会社の仲間でスキーに来た帰りにここの近くの
蕎麦屋で食べたのも思い出しました。懐かしい気分になりました。
「あれから色々あったなぁ」って懐古モードに入ってしまいました。

ちょうど運のいいことに第7回国宝松本城「月見の宴」が催されていて、
本丸庭園が夜間無料開放となっておりました。
ライトアップされた松本城を間近で見れるなんてちょっと感動でした。
昔に観た松本城は、結構小さいな城って思ったのですが、今回見た松本城は
どっしりとして大きな城に見えました。(夜に見たせいかな?)
第3回信州・松本そば祭りも開催されていたのですが到着したときには、終わっていました。
おいしい新そばも食べることが出来れば言うことはなかったのですが、
それはまた別の機会にすることとしました。
昔たべた蕎麦屋もちゃんと健在でした。

今日はこのままホテルへ入り明日に備えることとしました。
とても楽しい1日でした。
posted by t-kure at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/25216553

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。