2006年10月08日

一人旅 立山黒部アルペンルート 後編

HOME

雨の中の立山黒部アルペンルートの続きです。

黒部ダムの存在感に圧倒されつつも、行程を進めなければならないので
次の目的地の黒部平を目指すことに。
黒部平まで運んでくれる乗り物は
ケーブルカー
ケーブルカーです。
ここでの見所は壁(爆)あと、駅員のお話は面白かった(^u^)
相変わらず人は多かったです。移動手段はこれしかないですからね。集中するのは当然です。

黒部平に上がると気温も一段と下がってきました。もう一枚。慌てて着込みます。
黒部平・・・人多すぎ!!
2時間待ちって何??
って感じです。

黒部平黒部平黒部平

紅葉はいい感じになってきているのですが、外は雨。おまけに寒い!!
みなさん暖房の効いた建物の中に留まる。コミコミ。座る場所も無い。
次の目的地まではわずか7分。それを2時間待ちですって!!
正直ここは疲れました。晴れていれば絶対に素晴らしい紅葉が見れたのは間違いないでしょう!
誰か日頃の行いの悪い人がいたのは間違いないな!

ロープウェイ.jpg

けれどもロープウェイから見えた紅葉は今まで観た紅葉の中で一番美しかったです。
黄色と赤のじゅうたんが一面に広がっていて感動しました。

そしてそこに白色が混ざっていて絶妙でした(笑)

大観峰

紅葉真っ盛りのところにが降るなんて
黒部ってなんて素晴らしい場所なんでしょう(爆)
季節のグラデーションがはっきり見えます。

信濃大町の駅員から「雪」の一言が出たときには正直驚きましたよ。
大観峰大観峰

しかも20センチ〜40センチの積雪がってもうここは冬だよ!!
本格的な冬装備で来ているわけでもないので、ガタガタ震えていました。
デジカメも手ブレ補正が無ければまともに撮れていなかったと思います(笑)
紅葉を見る予定が、雪を見ることになるとは、やはり自然は侮れません。

寒さは、どんどん私の体力を奪います。半分心が折れてしまいました。
雪と時間が無いことを理由に室堂をほとんどスルー(笑)
室堂平

美女平も一気に下りました。
美女平

日もすっかり暮れてしまい立山に到着する頃には、あたりは真っ暗。
立山駅電鉄富山
時刻表をみると1時間に1本ってどういうこと??
って思いながらも待ち時間はそんなに無かったので待っていると、

野口五郎岳
こんなものを発見!あの人はこの山から芸名をとったらしいです。

今夜の宿泊地を金沢に設定したため、立山〜富山。更に乗り換えて金沢まで。
途中、JRに乗ってきた人の中に半そでの人を見つけ日本も広いなぁって思いながら、
激しく動揺した自分がとても面白かったです。
いろんな季節を体感した1日でした。
posted by t-kure at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/25557205

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。