2005年06月05日

大瀬崎 一本松(→大川下) #12 #13

HOMEダイビング

大瀬崎に来る時も「見れたらいいねぇ。」
くらいにしか、考えていませんでした。

9年潜り続けている人も初めてだし、
何百本潜っている人も初めて、

私は、たった12本目で出会ってしまいました。

マンボウに。ヽ( ´∀`)ノ
マンボウ1
【マンボウ】Mola mola
[ フグ目 マンボウ科 ]

先に潜っていたダイバーが親切に教えてくれました。
すると、周りのみんなの泳ぐ速さが上がりまくりです。
だんだん、姿をあらわしてくるマンボウ。鳥肌が立ちます。
始めは、作り物のかと思いました。(笑)
水深は約23m。

マンボウ2
すごいかわいい目ですよね。

マンボウ3
これって何??どの個体にもついてるものなのでしょうか?

マンボウ4
反対側の一枚。

マンボウ5
上からも。

優雅に泳ぐ姿は、圧巻でした。
人を怖がる様子も無く、マイペースでゆっくりと泳いでいました。
見てる私も大興奮で浮力を取ることも、ままなりませんでした。
(その証拠にマンボウを見ながらズーって沈んでいってしまいました。(笑))
でもね、水族館じゃ見れない角度からみれたり、
人の手が加えられていない状態で見れるんですよ。
すごいでしょ!!大感動です。

ヒラタエイ
【ヒラタエイ】Urolophus aurantiacus
[ エイ目 ヒラタエイ科 ]
地味にこんなのもいましたが、なにか?
このときは既に一人いなくなっていましたが、なにか?

2本目も、
ウェイト片方のフィンダイコン、マンボウを求めて
一本松から大川下までドリフト下のですが、
マンボウには出会うことが出来ずホントに残念でした。
ウェイトは回収しましたが、なにか?

陸に上がってから、みんなから言われたことが、
「これが普通と思うなよ!!」
確かにこんな大物、そうそう出会える訳がありません。
ビギナーズラックでしょう。
でも、これで私は、もうダイビングから離れられなくなりました。
こんな楽しいことが起こるんだもん!!

今回も大、大、大満足の2日間でした。
posted by t-kure at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。