2005年11月26日

メゾン・ド・ヒミコ

HOME映画

柴咲コウとオダギリジョーが主演のこの映画。

なぜ、観ようと思ったか?
それは、自分の家の近くで撮影をやっていたから!
何回か、撮影現場を通過していたのですが、
私はてっきり「亡国のイージス」の撮影だと思っていたのです。
あの映画も、近くに大きなセット組んで撮影してましたからね。
でも、書店に並んでいるオフィシャルブックを見て、
「なーんか見た事ある風景だなぁ?」って思った瞬間すべてがつながりました。
あぁ、同時期に2本の映画の撮影をやっていたのですね。

で、観ようと思ったらレイトショーしかなくて、結構苦労してしまいました。

で、肝心の映画の内容は、よかったですよ。
俳優陣は、いい芝居してました。
オダギリのゲイも、かなりハマッていたし、
柴咲の冴えない感じも良かったですよ。綺麗過ぎたけど。
ただ、全体のまとまりにちょっと難があるかな?
って思いました。でも、それが良さって感じる人もいるでしょうね。
ガックリさせられることもないし、いろいろな視点から観ることも出来る良い映画でした。

メゾンドヒミコ付近
ちなみに写真は、撮影をしている頃に写したものです。川の向こう側から。
ちょうど台風22号が接近してましたね。
映画にもそれらしい雲が映ってましたね。偶然の産物ですね、あの雲は。
しかし、撮影の日付がこれほどわかる映画も初めてでした(笑)

この監督の作品は初めて観たのですが、他の作品も観てみようと思いました。

秀作です。
posted by t-kure at 23:58 | Comment(1) | TrackBack(5) | 映画
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
「ヒミコ」面白かったですよね。暖かくって。
何回か見たい映画です。
Posted by はきょう at 2005年12月03日 00:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

メゾン・ド・ヒミコ
Excerpt:  ゲイバー「BAR 卑弥呼」…もしかして「銀巴里」をイメージしたの?これは相容れない父娘=家族の話で,同性愛者と異性愛者の話で,生と死と老いの話。  年老いたゲイ達の姿は見世物小屋的な好奇心をくすぐ..
Weblog: 日々徒然ゆ〜だけ
Tracked: 2005-11-29 00:22

『 メゾン・ド・ヒミコ 』
Excerpt: 映画 『 メゾン・ド・ヒミコ  』 2005年:日本 【8月27日ロードショー】 [ 上映劇場 ? ] 監 督:犬童一心 脚 本:渡辺あや 音 楽:細野晴臣 [ キャス..
Weblog: やっぱり邦画好き…
Tracked: 2005-11-29 09:30

メゾン・ド・ヒミコ
Excerpt: 「メゾン・ド・ヒミコ」見てきました。 なんていうか…独特の「空気」というか「臭い」がある映画ですね。 好き嫌いがハッキリ分かれる気がします。 淡々としてるんだけど、内面に見え隠れする問題は単..
Weblog: Go Plain!
Tracked: 2005-11-30 00:19

メゾン・ド・ヒミコ
Excerpt: 面白かった映画の3本目も、昨日に引き続き日本映画でございます。 『ジョゼと虎と魚たち』がお気に入りの私は、犬童一心監督作品、オダギリジョー主演と聞き、それだけで見たかった映画。 <STORY> 塗装会..
Weblog: toe@cinematiclife
Tracked: 2005-12-01 00:23

メゾン・ド・ヒミコ−(映画:2006年102本目)−
Excerpt: 監督:犬童一心 出演:オダギリジョー、柴咲コウ、田中泯、西島秀俊、歌澤寅右衛門 評価:81点 (ネタバレあります) 世の中で嫌いなものは、ゲイと納豆とカ..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2006-08-06 16:11

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。